鮪に自信あり!鮪へのこだわり

尾寅の強みその1 鮪に自信あり!!

東京築地の鮪仲卸の尾寅は、まぐろのプロ集団。
長い歴史から受け継がれた鮪の目利きには絶対の自信があり、お客さまのニーズに合った、品質と価格を追求しております。
鮪のことなら、私たちへどんなことでもご相談ください。

尾寅の鮪

尾寅の鮪

尾寅では、冷凍物の本マグロ、インドマグロ(ミナミマグロ)、メバチマグロ、キハダマグロ、メカジキなどを中心に取り扱っております。

大きいものでは、200キログラムを超えた本マグロから、小さいものでは30キログラムくらいの中鉢マグロ、キハダマグロなど、お客さまの多種多様なニーズにお応えできるよう努力しております。

国内外の天然マグロだけでなく、天然資源保護のために、養殖マグロも取り扱い、高品質なマグロを常に提供できるように心掛けております。

鮪の種類

マグロにも旬があります。尾寅では、季節や時期にあったおいしいマグロをご提案いたします。まずはご相談ください。

クロマグロ
(本マグロ)
旬は12月~2月。
マグロ類の中で最大の大きさを誇り、全長は3メートル、体重は400キログラムを超える。希少価値が高く「黒いダイヤ」とも呼ばれる。最高級品で、肉は濃い赤色。美味。
ミナミマグロ
(インドマグロ)
旬は11月~3月。
クロマグロに次ぐ大きさで、全長は2.45メートル、体重は260キログラムにもなる。まろやかな甘味が特長で、寿司ネタとしても人気のマグロ。高級品で、肉は濃い赤色。しっかりとしたコクがある。
メバチマグロ 旬は4月~5月と10月~2月。
全長は2.50メートル、体重は210キログラム。肉はあざやかな赤色。クロマグロと比べるとあっさりした味。
キハダマグロ 旬は6月~11月。
全長は2.30メートル、体重は200キログラム。肉は薄いピンク色。味にクセが少なく淡白で刺身向き。